開院22年、地域の方々の健康管理を手助けするエキスパート。

ハホリスティックみずほ治療院 様

導入事例:ハホリスティックみずほ治療院 様

エコー観察により痛みの発生源に鍼を打つことでFascia(結合組織間)リリースを行う。
症状の改善後には、再発予防のリハビリテーションを指導。

どこで、YURAGIを知りましたか?
もともと、近所にある市の施設に他社さんのマシンが入っていてストレッチを行うマシンの存在は知っていたのですが、マシンの構造が脆弱な割に高額、また、動きの大きさ*がなんとも言えず、悩んでいました。(*大きな動作をすると身体への負担も大きく、怪我の恐れがあります。)
それで、たまたまネットでYURAGIを見つけ、「とてもきれいなマシン!金額も魅力的」「しかもおもり式ではなくバネ式…?」とても気になりすぐに問い合わせをし、ショールームまで足を運びました。
数社からマシンが発売されていますが、なぜYURAGIを選んだのでしょうか?
バネ式の特徴に惹かれました。具体的には、「負荷のかかり方が非常にソフト」なため、当施設の多くの患者様「50〜60代の患者様がストレス無く」使え、小さな動きで安全なので「怪我のリスクも低くく」、とても魅力的でした。
また、最初に対応していただいた社長さんや、トレーナーの皆さんの人柄も良く、「バネ式ならYURAGI」と、ほぼ即決しました。
では、実際どのように治療院で、マシンを活用していますか?
やはり、メインはあくまで治療です。患者様の痛みを取り除く施術をまずは行います。
その後、良くなった人に対して再発予防のプログラムの中でマシンを活用しております。
具体的には、40〜50分程度の再発予防(ストレッチ)のコースを作りました。
中身は、30分前後(マシン2セット程度)+10〜20分のその患者さんに合わせた違うエクササイズです。
マシンで柔軟性を確保してから、筋トレなどで筋力をつけることで、やはり効果が格段に違いますね!
導入後、患者さんの反応はどうですか?
一言で言うと、とても評判が良いです。今までは例えばストレッチや体幹トレーニングをするにしても、何も無いマット1枚の上で行っていました。
しかし、マシンがあることで患者さんの興味を惹き、イメージしやすくなります。
中には、施術(治療)を行っている途中なのに「早くあのマシンやりたい」と言われる患者さんもいらっしゃいます(笑)
では最後に、弊社へのご要望や期待、その他気づいた所などを教えてください。
マシンについて、やはり全体的にもう少しコンパクトにしてもらえると、施設に導入しやすいです。
今回はクラスの導入を見送りましたが、クラスももっと小さくしてもらえたら追加導入をしたいです。
スタッフや社員の対応は、トレーナーの方も社長さんもみなさんとても親切で、すごく良いと思います!

【YURAGI】に関するご質問・ご相談


導入事例利用者様の声